OCCURRENCE

Biogeographic distribution of the Antarctic and Sub-Antarctic brachiopods (living forms)

最新バージョン SCAR - AntOBIS によって公開 2019/03/19 SCAR - AntOBIS
The only Antarctic review about brachiopods has been done by Forster in 1974. Since about 100 publications dealing with living Antarctic brachiopods have been issued and nearly 50 on fossil Antarctic brachiopods, until 2009. The classification of the Brachiopoda has been basically changed in 1996 and developed in the 6 volumes of the “Treatise” (1997-2007). All specialists of living brachiopods are now retired (less than 5!). Consequently, the distributional biodiversity of the extant brachiopods must be stored online as soon a possible. This task will be difficult to be completed in a next future. For the proposed work all the available publications (about 150) on living brachiopods will be analyzed, as well the citations on living forms included in the palaeontological papers. The data... 以上
公開日:
2019/03/19
ホスト::
SCAR - AntOBIS
ライセンス:
CC-BY 4.0

説明

The only Antarctic review about brachiopods has been done by Forster in 1974. Since about 100 publications dealing with living Antarctic brachiopods have been issued and nearly 50 on fossil Antarctic brachiopods, until 2009. The classification of the Brachiopoda has been basically changed in 1996 and developed in the 6 volumes of the “Treatise” (1997-2007). All specialists of living brachiopods are now retired (less than 5!). Consequently, the distributional biodiversity of the extant brachiopods must be stored online as soon a possible. This task will be difficult to be completed in a next future. For the proposed work all the available publications (about 150) on living brachiopods will be analyzed, as well the citations on living forms included in the palaeontological papers. The dataset holds taxonomic and distribution data on Brachiopoda (lamp-shells) from the Antarctic and Subantarctic regions. The sources of the information (bibliography and expeditions) are also provided.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、1,531 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 1,531 レコード English で (36 kB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 kB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Emig C, Geographic distribution of Brachiopod species in the Antarctic - Subantarctic region, [year accessed]. available from the SCAR-MarBIN website.

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は SCAR - AntOBIS。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 7b488c54-f762-11e1-a439-00145eb45e9aが割り当てられています。   Ocean Biodiversity Information System によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているSCAR - AntOBIS が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Literature; Southern Ocean; Occurrence

外部データ

リソース データは他の形式で入手可能です。

連絡先

リソースを作成した人:

Data Manager
Antarctic Biodiversity Information Facility (ANTABIF)
http://data.biodiversity.aq

リソースに関する質問に答えることができる人:

Anton Van de Putte
Project Manager
Antarctic Biodiversity Information Facility (ANTABIF)
http://data.biodiversity.aq

メタデータを記載した人:

Anton Van de Putte
Project Manager
Antarctic Biodiversity Information Facility (ANTABIF)
http://data.biodiversity.aq

他に、リソースに関連付けられていた人:

CustodianSteward(保管者)
Christian Emig

地理的範囲

Antarctica

座標(緯度経度) 南 西 [-80, -180], 北 東 [-16, 180]

生物分類学的範囲

urn:lsid:marinespecies.org:taxname:1803

Phylum  Brachiopoda [Lamp shells]

時間的範囲

開始日 1842-01-01

追加のメタデータ

marine, harvested by iOBIS

代替識別子 7b488c54-f762-11e1-a439-00145eb45e9a
https://ipt.biodiversity.aq/resource?r=antarctic_brachiopods