CEAMARC Eastern Antarctic Gelatinous Mesozooplankton (Cnidaria and Ctenophora)

最新バージョン SCAR - AntOBIS によって公開 Feb 18, 2020 SCAR - AntOBIS

This dataset holds occurrence data of gelatinous mesozooplankton species (Cnidaria and Ctenophora) that was collected during the Japanese contribution to the Collaborative East Antarctic Marine Census (CEAMARC) project. CEAMARC was a multinational contribution to the Census for Antarctic Marine Life (CAML, IPY Project 53). It involved scientists and students from several nations using three ships from Australia, Japan and France surveying the one area. This collaboration was a highly coordinated and comprehensive survey of the plankton, fish, benthos, oceanography and geophysical conditions of the waters north of Terre Adélie and George V Land of Eastern Antarctica. CEAMARC has provided a robust benchmark of the marine life in this poorly studied sector and will help to establish the monitoring of future changes in this region.

データ レコード

この sampling event リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、55 レコードが含まれています。 拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Event (コア)
    55
  • Occurrence 
    1218

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 55 レコード English で (20 KB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Lindsay, D.J. & Fuentes, V.L. 2010. Antarctic Gelatinous Predator Database (ANGELbase):A study of the gelatinous mesozooplankton (Cnidaria and Ctenophora) of Eastern Antarctica, summer 2008. Mary Grossmann, under the direction of Dhugal J. Lindsay. Master thesis, Master Oceanographie et Environnements Marins, Paris VI, 2010

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は SCAR - AntOBIS。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 7e6cb805-dacb-4cff-b881-efc708346a51が割り当てられています。   Ocean Biogeographic Information System によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているSCAR - AntOBIS が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Samplingevent; SCAR-MARBIN; BASO; CAML; CEAMARC

連絡先

リソースを作成した人:

Dhugal J. Lindsay
Marie Grossmann

リソースに関する質問に答えることができる人:

Graham Hosie
Australian Antarctic Division Kingston AU

メタデータを記載した人:

Maxime Sweetlove
Royal Belgian Institute of Natural Sciences Brussels BE

地理的範囲

East Antarctica

座標(緯度経度) 南 西 [-67, 121.5], 北 東 [-42.8, 144.99]

生物分類学的範囲

The orders Siphonophorae, Anthoatecata, Leptomedusae, Narcomedusae, Beroida, Anthoathecata and Trachymedusae within the Hydrozoa (Cnidaria) and the Nuda (Ctenophora) were sampled using nets.

Phylum  Ctenophora (Ctenophora),  Cnidaria (Cnidaria)

時間的範囲

開始日 / 終了日 2008-01-25 / 2008-02-12

プロジェクトデータ

The Census for Antarctic Marine Life (CAML, IPY Project 53) aimed to investigate the distribution and abundance of Antarctic marine biodiversity and how it will be affected by climate change. It was a major ship-based research programme in the austral summer of 2007–2008 involving scientists from 30 countries and 19 vessels. The Collaborative East Antarctic Marine Census (CEAMARC) was a multinational contribution to CAML involving scientists and students from several nations using three ships from Australia, Japan and France surveying the one area. This collaboration was a highly coordinated and comprehensive survey of the plankton, fish, benthos, oceanography and geophysical conditions of the waters north of Terre Adélie and George V Land of Eastern Antarctica. CEAMARC has provided a robust benchmark of the marine life in this poorly studied sector and will help to establish the monitoring of future changes in this region.

タイトル CEAMARC

プロジェクトに携わる要員:

Graham Hosie

収集方法

Samples were taken with a multinet or a NORPAC

Study Extent Samples were taken in the Southern Ocean near East Antarctica during the Austral summer of 2008

Method step description:

  1. /

書誌情報の引用

  1. Hosie, G., Koubbi, P., Riddle, M., Ozouf-Costaz, C., Moteki, M., Fukuchi, M., ... & Goffart, A. (2011). CEAMARC, the collaborative East Antarctic marine census for the census of Antarctic marine life (IPY# 53): an overview. Polar Science, 5(2), 75-87. https://doi.org/10.1016/j.polar.2011.04.009

追加のメタデータ

代替識別子 7e6cb805-dacb-4cff-b881-efc708346a51
https://ipt.biodiversity.aq/resource?r=ceamarc_antarctic_gelatinous_mesozooplankton