オカレンス(観察データと標本)

Antarctic Parborlasia corrugatus

最新バージョン SCAR - AntOBIS によって公開 2019/03/19 SCAR - AntOBIS
公開日:
2019/03/19
Published by:
SCAR - AntOBIS
ライセンス:
CC-BY 4.0

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 104 レコード English で (7 KB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)

説明

Open-ocean environments provide few obvious barriers to the dispersal of marine organisms. Major currents and/or environmental gradients potentially impede gene flow. One system hypothesized to form an open-ocean dispersal barrier is the Antarctic Polar Front, an area characterized by marked temperature change, deep water, and the high-flow Antarctic Circumpolar current. Despite these potential isolating factors, several invertebrate species occur in both regions, including the broadcast-spawning nemertean worm Parborlasia corrugatus. To empirically test for the presence of an open-ocean dispersal barrier, we sampled P. corrugatus and other nemerteans from southern South America, Antarctica, and the sub-Antarctic islands. Diversity was assessed by analyzing mitochondrial 16S rRNA and cytochrome c oxidase subunit I sequence data with Bayesian inference and TCS haplotype network analysis. Appropriate neutrality tests were also employed. Although our results indicate a single well-mixed lineage in Antarctica and the sub-Antarctic, no evidence for recent gene flow was detected between this population and South American P. corrugatus. Thus, even though P. corrugatus can disperse over large geographical distances, physical oceanographic barriers (i.e. Antarctic Polar Front and Antarctic Circumpolar Current) between continents have likely restricted dispersal over evolutionary time. Genetic distances and haplotype network analysis between South American and Antarctic/ sub-Antarctic P. corrugatus suggest that these two populations are possibly two cryptic species.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、104 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Thornhill,D.J., Mahon,A.R., Norenburg,J.L. and Halanych,K.M. Molecular Ecology (2008) 17, 5104-5218

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は SCAR - AntOBIS。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 7b644c6e-f762-11e1-a439-00145eb45e9aが割り当てられています。   Ocean Biodiversity Information System によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているSCAR - AntOBIS が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence

外部データ

リソース データは他の形式で入手可能です。

連絡先

リソースを作成した人:
-

Rachel Grant
Principal Lecturer
Dept Animal and Land Science, Hartpury College

リソースに関する質問に答えることができる人:

Rachel Grant
Principal Lecturer
Dept Animal and Land Science, Hartpury College

メタデータを記載した人:
-

Anton Van de Putte
Project Manager
Antarctic Biodiversity Information Facility (ANTABIF)
http://data.biodiversity.aq

地理的範囲

Antarctica

座標(緯度経度) 南 西 [-70, -70], 北 東 [-50, 5]

生物分類学的範囲

urn:lsid:marinespecies.org:taxname:1053

Phylum Nemertina [Ribbon worms]

時間的範囲

開始日 2004-01-01

追加のメタデータ

marine, harvested by iOBIS

代替識別子 7b644c6e-f762-11e1-a439-00145eb45e9a
https://ipt.biodiversity.aq/resource?r=rachel_parborlasia_corrugatus