Heterotrophic bacterial diversity in aquatic microbial mat communities from Antarctica

最新バージョン SCAR - Microbial Antarctic Resource System によって公開 Jan 16, 2020 SCAR - Microbial Antarctic Resource System

This dataset describes heterotrophic bacteria that were isolated from five aquatic microbial mat samples from different locations in continental Antarctica and the Antarctic Peninsula.

データ レコード

この sampling event リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、9 レコードが含まれています。 拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Event (コア)
    9
  • Occurrence 
    504

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 9 レコード English で (14 KB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (9 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (9 KB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Peeters K (2020): Heterotrophic bacterial diversity in aquatic microbial mat communities from Antarctica. v1.0. SCAR - Microbial Antarctic Resource System. Dataset/Samplingevent. https://ipt.biodiversity.aq/resource?r=heterotrophic_bacterial_isolates_in_antarctica_microbial_mats&v=1.0

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は SCAR - Microbial Antarctic Resource System。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 74277118-41a6-4e2b-bfe3-4d002cca369fが割り当てられています。   Scientific Committee on Antarctic Research によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているSCAR - Microbial Antarctic Resource System が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Samplingevent

連絡先

リソースを作成した人:

Karolien Peeters
Ghent University Ghent BE

リソースに関する質問に答えることができる人:

Anne Willems
Ghent University Ghent BE

メタデータを記載した人:

Maxime Sweetlove
Royal Belgian Institute of Natural Sciences Rue Vautier 29 1000 Brussels

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
Anne Willems
Ghent University Ghent BE
Karolien Peeters
Ghent University Ghent BE

地理的範囲

Different water bodies (lakes) on the Antarctic continent: East Antarctica, the Trans-Antarctic Mountains, and the Antarctic Peninsula

座標(緯度経度) 南 西 [-82.45, -67.45], 北 東 [-67.7, 39.8]

生物分類学的範囲

Heterotrophic Bacteria (504 strains) isolated from frozen microbial mat samples using culturing techniques.

Kingdom  Bacteria (Bacteria)

プロジェクトデータ

The AMBIO project aimed to extend the baseline information of microbial diversity in aquatic habitats of terrestrial Antarctic environments.

タイトル Antarctic Microbial Biodiversity (AMBIO)
ファンデイング BelSPO SD/BA/01
Study Area Description the Antarctic continent.

プロジェクトに携わる要員:

Annick Wilmotte
Anne Willems
Elie Verleyen
Wim Vyverman

収集方法

Microbial mat samples were collected aseptically using a sterile spatula, and were kept frozen continuously after collection until processing in the laboratory.

Study Extent Bacterial strain isolated from five aquatic microbial mat samples from different locations in continental Antarctica and the Antarctic Peninsula, sampled between 2003 and 2007.

Method step description:

  1. One gram of sample was aseptically weighed and homogenized in 9 ml sterile cold (4°C) physiological saline (0.86% NaCl) using a vortex. Tenfold dilution series (kept at 4°C) were plated on four different media (Marine agar 2216 (MA) (BD DifcoTM), R2A (BD DifcoTM), ten times diluted R2A (R2A/10), and PYGV (Pepton-Yeast-Glucose-Vitamin) medium (DSMZ medium 621)) and incubated at 20°C, 15°C and 4°C. R2A (Difco) contains pyruvate, starch and dextrose as C sources and yeast extract, peptone and casaminoacids as N and C sources and PYGV (DSMZ medium 621) contains peptone, yeast extract and glucose as C and/or N sources and additional vitamins and minerals. Both are considered oligotrophic media because the amounts of these components are at least two to ten times lower than in more general media such as nutrient broth. In addition to regular physiological saline (PS) dilution series, sea water (SW) dilutions were used for the LA3 and WO10 samples which originated from lakes close to the ocean and had elevated conductivity values.

コレクションデータ

コレクション名 BCCM-LMG
コレクション識別子 BCCM-LMG

書誌情報の引用

  1. K. Peeters, E. Verleyen, D. A. Hodgson, P. Convey, D. Ertz , W. Vyverman, A. Willems (2012). Heterotrophic bacterial diversity in aquatic microbial mat communities from Antarctica. Polar Biol (2012) 35:543‐554. DOI 10.1007/s00300‐011‐1100‐4